最終更新 2023.05.01

バイク用レーシングスーツとは?|おすすめのレーシングスーツを紹介

体がむき出しの状態で走るバイクにとって、転倒時に体を保護するための装備は欠かせません。 その中でもアベレージスピードが速いサーキット走行では、転倒時のリスクが公道よりも高く、専用の装備が必要となります。

その代表的なものがバイク用レーシングスーツです。 レーシングスーツは別名「レザーつなぎ」とも呼ばれているとおり、本革素材で上下が一体のワンピースになっているのが一般的です。

肘や膝にはプロテクターが入っており、転倒時の体の保護を第一に考えられ、作られています。 ここでは、バイク用レーシングスーツの機能や種類、おすすめのレーシングスーツから、レンタルサービスについても解説します。

レーシングスーツとは

レーシングスーツは主にサーキット走行を目的とした装具となり、ライダーの上半身と下半身を保護できるようなワンピース(つなぎ)タイプ、もしくはツーピース(セパレート)タイプが採用されています。

膝や肘には脱着式のスライダーを装備するものが多く、これらのスライダーは、コーナーリング時に路面に擦ることでバンク角の深さを判断する「バンクセンサー」として機能します。

バイクに跨った時の形に立体裁断されているので、歩いたり食事をしたりするのは不向きですが、レーサーレプリカブームの80~90年代には、ツーリングで着用する人も多くいました。現在でも、スーパースポーツのツーリングでは安全のために着用するライダーも少なくありません。

バイクでサーキット走行する際は、基本的にレーシングスーツを着用していないと走行することができません。 それほど安全のために欠かせない装備といえます。

バイク用レーシングスーツの機能

バイク用レーシングスーツはメイン素材が革で、各部にプロテクターを内蔵しており、グローブとブーツを合わせて着用することで、高い防御性能を発揮することができます。

前面に大きなジッパーを備えており、手首足首もジッパーもしくはニット素材で着脱しやすいようになっています。 関節部分はニット素材やシャーリング加工で曲げやすくなっており、激しいライディングにしっかり追従するような造りになっています。

バイク用レーシングスーツの種類

バイク用レーシングスーツは上半身と下半身が一体となったワンピース型と上下別のセパレート型(ツーピース)に大別することができます。 それぞれに利点を持っており、それらを理解した上でレーシングスーツを選ぶことが重要です。

ワンピース型

ジャケットとパンツが一体となった“つなぎ”タイプのワンピース型がバイク用レーシングスーツの主流となります。

上半身と下半身につなぎ目が無いので、激しく転倒した際に脱げる心配もありません。 サーキットやレースによっては、安全上の観点からセパレート型のレーシングスーツは認められていないこともあるので、サーキットメインで使うことを想定しているのであれば、ワンピース型を選ぶのが近道です。

ワンピース型はセパレート型より脱ぎ着がしづらいのがデメリットとなります。 着用時は歩いたり、座って食事などがしづらいので、ツーリングには不向きだと言えるでしょう。

サーキットでリラックスしたい時には、上半身だけ脱ぐこともできますが、脱いだ部分がスペースをとりますし、動きづらさは残ります。

セパレート型(ツーピース型)

上半身と下半身が別れたセパレート型(ツーピース型)は、それぞれレザージャケットとレザーパンツとして単体で着用できるタイプと、動きやすさのためにツーピースになっているタイプに大別できます。 後者はあくまで、ライディング時の動きやすさを優先したもので、ジャケット丈は短めになります。基本的にジャケット単体での着用はできません。

ツーピースタイプは、ライディングポジションをとった時のフィッティング性が高く、動きやすさやシルエットに優れています。 また、ジャケットだけを気軽に脱ぐことができるので、食事や休憩の機会が多いツーリングにも最適です。

ただし、レースでの着用は認められない場合が多いので、あくまでサーキット体験走行会やツーリング用途としてレーシングスーツを使いたいユーザー向けとなります。

バイク用レーシングスーツの注意点

サーキットではバイクの上でライダーが前後左右に大きく動いて体全体でライディングを行います。 そうした動きにレーシングスーツが追従するには、サイズがしっかり合っていることが大前提となります。

サイズが小さすぎれば動きがスポイルされることになりますし、大きすぎれば走行風でバタついたり、プロテクターの位置がうまく合わなかったりして、安全性にも悪影響が出てしまうのです。だからこそ、レーシングスーツはサイズ選びが重要となります。

また、安全性の面ではワンピース型が優位性を持っており、脱ぎ着の簡便さではセパレート型に分があるのは先にも述べた通りです。

お手入れの面でも注意が必要です。 レーシングスーツはメイン素材がレザーとなるので、湿気が大敵。 雨天時や夏場の汗で濡れたレーシングスーツは専門業者にクリーニングを依頼するか、適切なケミカルを使用してしっかりケアをしておくことが必要となります。

バイク用レーシングスーツ購入時のチェックポイント

レーシングスーツはバイク用品の中でも非常に高価な部類なので、頻繁に買い替えたりせずに長く使い続けたいものです。 そのため、購入時はサイズ選びはもちろんのこと、それ以外にもチェックしておきたいポイントがあります。

レースに出るのであれば、MFJ公認がマスト

国内で行われるMFJ主催のレースにエントリーするためには、ヘルメットだけでなくレーシングスーツもMFJ公認品である必要があります。 出走前にはマシンだけでなく装備品の検査が行われることもあるので、もしレースエントリーを考えているなら、必ずMFJ公認マークの入ったレーシングスーツを選びましょう。

また、肩、肘、膝のプロテクターに追加してCE規格に適合した脊髄プロテクター、胸部プロテクター(チェストプロテクター)の装備も義務付けられているので用意が必要です。

仕様が自分の求めているものになっているか

レーシングスーツは通年で同じものを着用するので、通気のためのパンチングが入っている方が夏場に適しています。一方、冬場はインナーを使った体温調整が必要となります。

デザイン&カラーリングも重要なファクターです。 好みの色で、バイクのカラーとマッチしたものが良いでしょう。

また、レーシングスーツにはブーツインのタイプとブーツアウトのタイプがあります。 裾でブーツを覆うようなブーツインのスタイルの方が、転倒時の引っ掛かりを防ぎやすいという観点もありますし、ブーツアウトの方がバイクをくるぶしでホールドしやすいという意見もあります。

レザー製のレーシングスーツは気軽に洗うことはできません。 裏地のメッシュインナーが外しやすい方が手入れもしやすいので、そうした点に注目するのもおすすめです。

レーシングスーツのおすすめサービス

価格が高く、使用機会の少ないレーシングスーツだからこそ、買わずにレンタルするという選択肢もあります。

また、フィット感が重要なレーシングスーツは、自分の体型に合わせたカスタムオーダーメイドも一般的な購入手段です。

レーシングスーツのレンタル

レーシングスーツは着用する機会が少なく、自宅に保管場所が必要となりますし、価格も高額なので、購入せずにレンタルサービスを利用する方法もあります。

また、レンタルサービスを利用すれば、実際にレーシングスーツを着用してバイクで走ることができるので、店舗で試着するよりも確実なサイズ選びにもなります。購入前のお試し目的にもおすすめです。

レンタルサービスは、メーカーが独自で行っているものや、サーキットで行っているものがあり、基本的に事前予約が必要となります。

メーカーで行っているものは、発送による貸し出しがメインとなるので、実際に着用するタイミングに合わせて申し込む必要があります。 ブーツも合わせてレンタル可能な場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

レーシングスーツのカスタム

レーシングスーツは、ジャストサイズで動きやすいことが重要です。 しかし、個々人で体型は異なるので既製サイズのレーシングスーツが自分の体型に合うかどうかはわかりません。

そこでおすすめなのが、レーシングスーツのカスタムオーダーです。 手足の長さから胸囲、ウエスト、ヒップまで自分の体のサイズに合わせてオーダーすれば、抜群のフィット感が得られるのは言うまでもありません。

さらにカラーリングやデザインまで自分の好みに仕立て上げられるのは、カスタムオーダー以外にはありません。 また、体重の増減によってレーシングスーツのフィット感が変わってしまった場合、メーカーによっては細かな手直しに対応してサイズ調整が可能な場合もあります。

長く使うレーシングスーツだからこそ、買ったあとのことも考えて購入するのがおすすめです。

DAINESEのレンタルサービス

DAINESEの「レザースーツレンタルサービス」はホームページか店舗で申し込みを行うもので、期間は貸出日から最大7日間となります。

レンタルできるのは男性用が2種類で女性用が1種類となり、レンタル料金はエアバッグ無しモデルの方は16,500円(税込) エアバッグ有モデルの方は22,000円(税込)となります。レンタルをすると3ヶ月間有効なクーポンが発行されます。

クーポンの特典内容や利用規約についてはウェブサイトを確認してみましょう。

レーシングスーツ購入前の試着用や、ツーリング(エアバッグモデルはサーキット専用)や走行会で着用してみたいという場合には最適なサービスとなります。 その他、レンタルに関する詳細や注意事項はウェブサイトを確認してみましょう。

レンタル対象モデル

DAINESEの「レザースーツレンタルサービス」では男性用2種類、女性用1種類の計3種類のレザースーツを1週間借りることができます。 ここでは、レンタルできる3種類のレザースーツについて、特徴や機能を紹介します。

1PCS LEATHER SUITS MAN(D-AIR®)

バイク用エアバッグシステム「D-AIR®」を装備したレーシングスーツ。 肘と膝のスライダーは交換が可能で、ブーツインシステムに対応しています。メイン素材は耐摩耗性や引き裂き強度に優れた「D-Skin 2.0レザー」で柔らかくしなやかさが特徴となっています。
プロテクターは、肩と膝にアルミニウムインサート、肘のチタンインサート、CEレベル2のバックプロテクター、ヒップのソフトプロテクターを備えており、安全性は非常に高いレベルにあります。 サイズは、44、46、48、50の4種類で、着脱可能なNanoFeel®製ライナーを採用しており、外して洗うことができます。
さらに、走行風を取り入れてスーツ内の熱気を逃がすパンチングレザーを採用しています。

商品情報

1PCS LEATHER SUITS MAN

牛革より引き裂き強度に優れたダイネーゼのオリジナルレザー「TuTu カウハイドレザー 」と耐久性と伸縮性に優れ、撥水·撥油性を備えた「S1 ファブリック」をメイン素材に採用。 動きの自由度が必要となってくる股下、袖内側、ふくらはぎ、首の後ろ等には伸縮性インサートを使用して、機能性を高めています。
エアバッグシステムは装備しませんが、肩と膝、肘にCEプロテクターを備えると共に、肩にはアルミ製のプレートを採用し、安全性を高めています。
取外可能なインナーには、抗菌防臭加工が施されたNanoFeel®製なので、洗濯が可能。 清潔な着心地を維持できます。 サイズバリエーションは、44、46、48、50、52となり、やや大柄な体型の人も着用できるものを用意しています。

商品情報

1PCS LEATHER SUITS WOMAN

女性専用バージョンのレーシングスーツ。 メイン素材は、ダイネーゼのオリジナルレザー「TuTuカウハイドレザー」と「S1 ファブリック」を採用し、耐久性と動きやすさを両立しています。 さらに腰や脇などにシャーリングを設けることで、ライディング時の自由度を確保しています。
肘、膝、肩にCEレベル2のプロテクターを装備し、肩にはアルミプレートを配置。 高い安全性を実現しています。 サイズは、40、42、44の3種類が用意されています。 女性用のレンタルレーシングスーツは珍しいため、サーキットやツーリングでレーシングスーツを試してみたいという女性ライダーは、ダイネーゼのサービスにご注目ください。

商品情報

DAINESEのカスタムワークス

既存ラインナップをベースに体型に合わせたフィットの変更、カラーのカスタマイズ、アクセサリーの追加や変更ができるDAINESEのカスタムワークス。 より自分の体型にフィットしたものを選びたい場合やオリジナルデザインのものを作りたいユーザーに向けたサービスです。

DAINESEホームページにあるコンフィグレーションでオーダー後、DAINESEストアにて採寸やデザインの打ち合わせを行い、イタリア本国のスペシャリストの手作業によって自分だけの一点物のレーシングスーツとして仕上げられます。

もちろん、ロゴやネームなども自由に入れることも可能。

DAINESEのWEBサイトのコンフィグレーターでは、PCやタブレットの画面上でかんたんにレーシングスーツのカラーやアクセサリーの細かな変更がシミュレーションできるので、まずはアクセスしてみてはいかがでしょうか。

思い通りのデザインができたら、実際に最寄りのDAINESEストアに足を運び実際に自分だけのレーシングスーツをオーダーしてみましょう。

おすすめのバイク用レーシングスーツ(ワンピース型)

ダイネーゼのラインナップの中から、サーキットライディングに適したワンピース型のレーシングスーツを紹介します。 いずれも高い安全性と動きやすさを両立しており、細かな仕様変更がオーダーできる「DAINESEカスタムワークス」対応品です。

Liquid error (sections/pf-02c92650 line 254): product form must be given a product

LAGUNA SECA 5 1PC LEATHER SUIT PERF.

3方向に伸縮するTri-Axialシステムと3way stretchレザーインサートにより、サーキットライディング時の広い可動域を実現。 フロントファスナーは頑丈なLeather zip-hookを採用し、ふくらはぎにファスナー2本を備え、ブーツインシステムに対応しています。

D-Tecレーシングコア内装は、通気性と快適性を確保しており、取り外して洗濯もできます。 ショルダープレートはアルミ製で、転倒時に滑らせることでダメージを低減。膝の内側に車体をホールド&グリップしてコーナーリングをサポートする特殊なインサート「KGIシステム」によって、アグレッシブなライディングを可能としています。

デザイン上の大きな特徴ともなっているエアロダイナミックハンプにはウォーターバッグキットが装着可能となっており、走りながら水分補給をすることができます。

商品詳細
安全規格肘に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
膝に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
肘にアルミニウムプレートをシームレスに挿入
肩に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合) 交換可能
アルミニウムプレート付きレーシングショルダー構造
Pro-Shape 2.0 : ソフトプロテクター -
ヒップ(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)

サイズ44〜62
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_948
#カラー_N32
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_54A
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_N32
#カラー_948
#カラー_N32
¥495,000

MISANO 2 D-AIR PERF. 1PC SUIT

胸のダイネーゼのロゴマークが目を引くアイコニックなレーシングスーツ。 伝統的なダイネーゼのフィット感を維持しつつも、最新世代のD-air®エアバッグを装備しており、卓越した安全性を有しています。 また、肩と肘にはアルミ製のプロテクションプレートを配置。 メイン素材はD-skin 2.0 フルグレインカウハイドレザーと2方向に伸縮するS1ファブリックで、各所に2方向に伸縮するBi-axialインサートを使用することで、動きやすさを確保。 KGI(ニーグリップインサートテクノロジー)によって、コーナーリング時の下半身のホールド性を高めています。 ライディング中の水分補給を可能とするウォーターバッグキットの装着も可能。 カラーバリエーションは3色で、44~64の11種類の豊富なサイズ展開が特徴となっています。

商品詳細
安全規格肘に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
膝に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
Elbow Slider RSS:交換可能なスライダーシステム
Pro-Shape:ヒップにソフトプロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
肩にレース対応アルミニウムプレートをシームレスに挿入
肘にアルミニウムプレートをシームレスに挿入
先進的なプロテクトシーム入りの膝構造
肩にソフトプロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1 Level 1適合)

サイズ44~64
Liquid error (sections/pf-02c92650 line 313): product form must be given a product

MUGELLO RR D-AIR PERF. SUIT

バイク用エアバッグシステムD-AIR®を搭載し先進の安全性を持ったレーシングスーツ。 フルグレインカンガルーレザーをメイン素材とし、背中に3方向に伸縮性するTri-axialインサートを採用することで、優れた柔軟性を発揮します。 随所にパンチング加工が施されており、レザースーツとしては良好な通気性を確保しています。 特許を取得している肩、肘、膝のプレートはチタン製。 転倒時にスライドさせることで、ダメージを低減させます。 さらに肘、膝、肩、ヒップにCEプロテクターを装備し、クラッシュ時の衝撃を吸収します。 カラーは、ホワイトベースとブラックベースの2色展開となり、44~60の9種類の豊富なサイズバリエーションを有します。

商品詳細
安全規格肘に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
膝に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
Pro-Shape:ヒップにソフトプロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
肩、肘、膝にシームレスチタンプレート採用
肩にソフトプロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1 Level 1適合)

サイズ44〜60

おすすめのバイク用レーシングスーツ(セパレート型)2選

公道の走行においても安全性や機能性をライディングウェアに求めたいなら、セパレート型のレーシングスーツがおすすめです。 ダイネーゼのセパレート型(ツーピース)は、脱ぎ着のしやすさや動きやすさはそのままに、高い安全性を実現しています。

#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
#カラー_948
¥297,000

LAGUNA SECA 5 2PCS LEATHER SUIT PERF.

サーキットで培われた安全技術が投入された2ピースレザースーツ。 メイン素材にはダイネーゼ独自の「TuTuカウハイドレザー」を採用し、耐摩耗性や耐引き裂き性だけでなく、撥水·撥油性にも優れており、サーキットの体験走行から日常のツーリングまで着用することができます。

背中に3方向に伸縮性するTri-axialインサートを採用することで動きやすさを実現しています。 肘、膝、肩、ヒップにCEプロテクター、さらに肩にアルミプレートを備え、転倒時のダメージを低減します。

スーツ各部にはパンチング素材が使われているほか、胸と大腿部に設けられたベンチレーションによって、暑い季節の着用でも高い快適性を発揮します。

商品詳細
安全規格肘に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
膝に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
肩に交換可能なアルミニウムプレート(アイテムコード1876165)
肘にアルミニウムプレートをシームレスに挿入
肩に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
Pro-Shape 2.0 : ソフトプロテクター - ヒップ(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)

サイズ44〜62
Liquid error (sections/pf-02c92650 line 363): product form must be given a product

AVRO 4 LEATHER 2PCS SUIT

エアロダイナミクススポイラーを備えた2ピースレザースーツ。 伸縮性に優れたS1ストレッチ素材のインサートを採用しており、自由度の高い動きを実現しています。
膝、肘、肩には複合CEプロテクターを内蔵し、腰にはPro-Shape 2.0ソフトプロテクターを採用。 さらに胸部にはプロテクター専用のポケットが設けられており、プロテクターの追加でプロテクション性能を高めることが可能となっています。

ふくらはぎ部分には特許を取得したダブルジッパーの構造になっており、ブーツインシステムに対応。 胸にはベンチレーションを装備し、走行風を取り入れることができます。ライナーは銀イオン加工した通気性のあるNanofeel®素材を採用し、清潔さを維持することができます。 

商品詳細
安全規格肩と肘に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
膝に複合プロテクター(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)
肩に交換可能なアルミニウムプレート(アイテムコード1876165)
Pro-Shape 2.0 : ソフトプロテクター - ヒップ(欧州安全基準CE - EN1621.1適合)

サイズ44〜64

まとめ

サーキットでのスポーツライディングは高性能マシンの楽しみ方のひとつです。 そんなサーキットを安全かつ快適に楽しむには機能性に優れたレーシングスーツを欠かすことはできません。

また、高速道路を使ったハイスピードツーリングやワイディングを走る際は、やはり機能性と安全性を両立したレーシングスーツの着用がおすすめです。 ダイネーゼのレーシングスーツは、エアバッグシステムD-AIR®を搭載したものから、脱ぎ着がしやすく動きやすさに優れたツーピースまで豊富なラインナップを有します。

また、DAINESEのカスタムワークスによる細かなサイズ調整や仕様変更にも対応。 自分だけのレーシングスーツを作ることもできます。 さらに、レンタルサービスを利用して、愛車に乗って着用感を体感してみるのもおすすめ。

レーシングスーツの購入を考えている人は、まずレンタルしてみてはいかがでしょうか。

※記事内の価格、情報は全て作成時点のものです。最新の情報は各ブランドページをご確認ください。

株式会社ユーロギア

記事作成 ユーロギア編集部

「モーターサイクル」「スキー」「自転車」等、アクティブスポーツを楽しむ方のためのセーフティギアを取り扱い。海外の複数スポーツブランドの総代理店として、全国に専門店を展開中。他、これらのスポーツを楽しむためのイベント開催も。

新卒でバイク業界に就職は難しい?仕事内容やキャリアプランも解説

Apr 03, 2024

バイク好きの学生さんであれば、卒業後はバイク業界で働きたいと考える人もいるでしょう。 しかし、専門性が高く、新卒では就職が難しいというイメージがあり、就活に不安を抱えている方も少なくないはずです。そこで今回は、バイク業界の就職状況や新卒で応募している職種・仕事内容、入社後のキャリアプランについてご紹介します。 バイク業界への新卒入社を目指している方は、ぜひ参考にしてください。

バイクに関する仕事をしたい人必見!オススメのバイク関連の仕事を紹介

Apr 06, 2024

バイクが好きな人の中には、バイクに関連する仕事がしたいと考えたことがある人もいるでしょう。そこで今回は、バイクに関係する仕事に就くために必要なことやオススメの仕事をご紹介します。 大好きなバイクに関わる仕事に就きたい方は、ぜひ参考にしてください。

バイクのシートバッグの選び方を解説!おすすめも紹介

May 17, 2024

ツーリングに出かける際、荷物の持ち運びに困ってしまうことも少なくありませんか?荷物をバイクに安定して積みたいときは「シートバッグ」の活用がおすすめです。そこで今回は、ツーリングに欠かせないシートバッグの選び方についてご紹介します。 取り付ける際の注意点やおすすめのシートバッグもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

バイク用防水バッグの選び方、おすすめの防水バッグを紹介

May 24, 2024

バイクで走行している途中、急な雨に遭遇することもあるでしょう。突然の雨に備えて、バイクに乗る際は防水バッグを使用するのがおすすめ。 防水バッグといっても、タイプや容量などが豊富にあるため、使いやすさや用途に合わせて選ぶことが大切です。そこで今回は、バイク用防水バッグの選び方やおすすめの商品までご紹介したいと思います。