最終更新 2024.05.27

【D-air】バイク用エアバッグが最高レベルの安全である理由 - ハート

バイク用エアバッグ_Hart

(記事 : ダイネーゼ福岡 2020年2月21日のブログより)

前回は、エアバッグがどのように作動するのかをご紹介しましたが、今回はバイク用エアバッグのプロテクション能力をご紹介していきます。

バイク用エアバッグ_Hart
D-Air_002.jpg__PID:c51608a0-2e08-49a1-a9af-8fbda1dfaa9b

バイク用エアバッグ製品を見る

まずは皆様に「エアバッグ」と聞いて、膨らんだところを想像していただきたいのですが・・・


おそらく、丸っこく風船のようなイメージで手で押したら凹む一般的な四輪用のものを想像されたと思います。
しかし、ダイネーゼのバイク用エアバッグ『D-air』は全く違います。

バイク用エアバッグ_Hart01バイク用エアバッグ_Hart02

バイク用エアバッグ『D-air』の展開時には石のように硬くなり、ハンマーで叩いても大丈夫なほど強固になります。
ハードタイプのプロテクターと比較した場合、ダイネーゼWAVEバックプロテクター"7枚分"に相当する衝撃吸収能力を持っています。

バイク用エアバッグ_Hart03

この衝撃吸収を実現したのが、ダイネーゼ特許のマイクロフィラメント構造。

バイク用エアバッグ_Hart04

高圧のガスをエアバッグ内へ送り込むと、均等に5cmの厚みとなり、硬く強固なプロテクションを実現します。

バイク用エアバッグ_Hart05

通常の時

バイク用エアバッグ_Hart06

ガス充てん時

Smart Jacket

エアバッグの膨張の仕方は、あくまでも四輪用のイメージが大きいと思います。
また、以下の写真のようなエアバッグのイメージが強い方も多いのではないでしょうか。これはあくまでも15年近く前の開発段階のプロトタイプで今のD-airとは違います。

バイク用エアバッグ_Hart07

バイク用エアバッグに求められる安全性は、四輪に求められるものと異なります。

二輪の場合では転倒・衝突時に体に受ける衝撃が四輪のものと違い、保護しなければならない体の部位も違ってきます。そのため、バイク用エアバッグに求められるものは、四輪用のエアバッグと全く別のものである必要があるのです。

そして、D-airのマイクロフィラメント構造がそれを可能にしました。

エアバッグはただ単純に膨らむだけではなく、D-airの場合はハードタイプのプロテクターよりも強固なプロテクションとして、体を守ることを可能としています。

そして、普段はペラペラの状態のためライディング中に気になることはなく、必要な時だけ強固なプロテクションとして展開されるものがダイネーゼのバイク用エアバッグ『D-Air』なのです。

バイク用エアバッグ_Hart08

色々とエアバッグの事をご紹介させて頂きましたが、まだまだご存知でない方も多い中で、これから一般的なものとして広まっていくお手伝いをさせて頂ければ嬉しいです。

バイク用エアバッグ_Hart09

福岡店に様々なD-airモデルを展示しております。
バイク用エアバッグは、高額モデルでもあるので、気になることは多々あるかと思います。ご質問やご不明点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

D-Air_002.jpg__PID:c51608a0-2e08-49a1-a9af-8fbda1dfaa9b

バイク用エアバッグ製品を見る

New_graduate_Thumb.jpg__PID:6b83c8a7-f5fa-469e-8868-f3370109c909

D-air®取り扱い店舗を調べる

※記事内の価格、情報は全て作成時点のものです。最新の情報は各ブランドページをご確認ください。

株式会社ユーロギア

記事作成 ユーロギア編集部

「モーターサイクル」「スキー」「自転車」等、アクティブスポーツを楽しむ方のためのセーフティギアを取り扱い。海外の複数スポーツブランドの総代理店として、全国に専門店を展開中。他、これらのスポーツを楽しむためのイベント開催も。

【特集】ワイヤレス式エアバッグ「D-air®」の歴史

Jun 01, 2024

1995年。ダイネーゼ創業者であるリノ・ダイネーゼは、スキューバダイビング中にこのアイディアを思いつきました。バイク用のエアバッグは、サーキットにおける安全性をさらにもう1段階引き上げることができるだろうと。ここでは、「D-air®」の歴史について、詳しく解説します。

【特集】「D-air®」搭載 バイク用エアバッグ製品の着方について

Jun 01, 2024

ここでは、実際にダイネーゼの D-air®製品をご購入頂いたあと、どのように製品を着用するのかについて解説します。

【特集】バイク用ベスト型エアバッグ 6つの特徴。多くのライダーに選ばれる要素を解説。

Jun 01, 2024

最新のベスト型のバイク用エアバッグ「スマートジャケット」は、多くのライダーにとって最良の選択となりえます。他にはないユニークな特徴を、ひとつずつ解説していきます。

【特集】自分にあったエアバッグモデルの選び方について

Jun 01, 2024

エアバッグ搭載のウェアでお悩みですか?どのような基準で選んだらいいのでしょうか。ここではダイネーゼが開発するワイヤレス式エアバッグシステム「D-air®」を搭載した各コレクションについて、ニーズ別の選び方をおすすめします。

【特集】バイク用ワイヤレスエアバッグ「D-air®」は、どのようにして事故を判断し、起動するのか。

Jun 01, 2024

D-air®には大きく分けて「Racing」と「Road」の2つのシステムがあります。 これはそれぞれ、何が違うのか?どのように機能しているのか?ここでは、D-air®の仕組みについてひとつずつ丁寧に解説します。

【特集】エアバッグスーツ。レーシングに特化した魅力を解説。

Jun 01, 2024

MotoGPでは2018年から、全日本ロードレースでも2020年から、エアバッグの装着が義務化され、エアバッグスーツの存在感はさらに増してきています。ここでは、従来のハードプロテクターに比べてどのくらい安全なのか、どのようなときに起動するのか、コレクション一覧の紹介などについて、全体的に解説をします。

【特集】ジャケット型エアバッグの特徴について。一体型の魅力を知る

Jun 01, 2024

ダイネーゼでは大学や病院、専門的な機関と共に、致命傷となりうるケースや部位について調査を行いました。 その結果、最も守るべき場所は胸であることが判明しています。死に至るアクシデントの理由の多くは、胸への衝撃であることを知っているライダーは決して多くはありません。第3世代のD-air® Roadは、その点を重視してリデザインされました。

【特集】バイク用エアバッグ「D-air®」 その仕組み、選び方、プロテクション性能を徹底解説

Jun 01, 2024

D-air®には、レーシング専用/ストリート専用の2つに分かれますが、特にストリート用D-air®は、胸部に対する衝撃を緩和することを重視してつくられたプロテクターです。ここでは、ダイネーゼが開発するワイヤレス式エアバッグシステム「D-air®」について、さまざまな面から解説します。