最終更新 2024.05.24

D-AIR・バイク用エアバッグ付きレザースーツMISANO ESTIVA

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA

(記事 : ダイネーゼ京都 2020年6月17日のブログより)

バイクに乗ると気持ちイイ時期ももう目前ですね。そして、MotoGPも後半戦で白熱したシーズンになるでしょう。

ロッシやイアンノーネら世界のトップで活躍するダイネーゼライダーがレースで使用しているバイク用エアバッグ搭載のレザースーツをご紹介したいと思います。気になる方は、ぜひお気軽に試着ください。

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA

D-AIR RACING MISANO ESTIVA

肩・膝の金属スライダー、エルボースライダーは標準装備。
ダイネーゼのバイク用エアバッグは、ワイヤーなどは一切無く、バイクに取り付けた装置との連結も必要ありません。スーツ単体で判断し、開くタイプのエアバッグシステムです!

D-Air_002.jpg__PID:c51608a0-2e08-49a1-a9af-8fbda1dfaa9b

バイク用エアバッグ製品を見る

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA_スライダー

ロッシやイアンノーネが付けているのと同じエルボースライダーです。スライダーは転倒時に滑ってくれて衝撃を受け流してくれる点も重要です。

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA_スイッチ

写真の赤いタブを外し、首もとのホックを2箇所止めると、通電してエアバッグシステムがスタンバイ状態になります。

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA_LED

起動すると、右袖のインジケーターが光ります。

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA_スイッチオフ

前のホックを外すと赤く点滅して自動的にシャットダウンします。ちなみに、フル充電で8時間の連続使用が可能になっています。

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA_充電

充電は首付け根後ろ部分にコードを差込、パソコンのUSB端子につないで充電します。実際エアバッグはどこに付いているのだろう…。探してみました。

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA_Airbag

メッシュのインナーを外すとありました。矢印の先の白い部分がエアバッグで、首周り内側に付いています。

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA_衝撃吸収力

バイク用エアバッグの衝撃吸収力

今までのエアバッグ非搭載のスーツと比較し、体が受ける衝撃を85%カットしてくれます。さすが、MotoGPでも使用されているだけの信頼の安全性能です。

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA_ハンプ

バイク等とのリンクを必要とせず、スーツ単体で使えるようになっています。それは、背中のハンプの中に高性能コンピューターが内蔵されているからです。

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA_センサー

これがハンプの内部です。GPS、加速度センサー、傾斜センサーが内蔵されているので、コンピューターが独自で判断し、開くべきと判断したときのみエアバッグが開くようプログラミングされています。

10257 (6).jpg__PID:7a52b9db-64eb-40ff-a9e0-a46e0f5ad56d

性能1つ1つ、信頼のおける安全性を考慮すれば、35万円超えの価格も納得がいきそうです。※写真のバックプロテクターは、標準装備です。

バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA_Iannone
バイク用エアバッグ_MISANO ESTIVA_Iannone

これでGPレーサーのようにサーキットを駆け抜けてください。

バイク用エアバッグ付きスーツをご検討の方は、ぜひ一度京都店にいらしてください。お待ちしております。

D-Air_002.jpg__PID:c51608a0-2e08-49a1-a9af-8fbda1dfaa9b

バイク用エアバッグ製品を見る

New_graduate_Thumb.jpg__PID:6b83c8a7-f5fa-469e-8868-f3370109c909

D-air®取り扱い店舗を調べる

※記事内の価格、情報は全て作成時点のものです。最新の情報は各ブランドページをご確認ください。

株式会社ユーロギア

記事作成 ユーロギア編集部

「モーターサイクル」「スキー」「自転車」等、アクティブスポーツを楽しむ方のためのセーフティギアを取り扱い。海外の複数スポーツブランドの総代理店として、全国に専門店を展開中。他、これらのスポーツを楽しむためのイベント開催も。

【特集】ワイヤレス式エアバッグ「D-air®」の歴史

Jun 01, 2024

1995年。ダイネーゼ創業者であるリノ・ダイネーゼは、スキューバダイビング中にこのアイディアを思いつきました。バイク用のエアバッグは、サーキットにおける安全性をさらにもう1段階引き上げることができるだろうと。ここでは、「D-air®」の歴史について、詳しく解説します。

【特集】「D-air®」搭載 バイク用エアバッグ製品の着方について

Jun 01, 2024

ここでは、実際にダイネーゼの D-air®製品をご購入頂いたあと、どのように製品を着用するのかについて解説します。

【特集】バイク用ベスト型エアバッグ 6つの特徴。多くのライダーに選ばれる要素を解説。

Jun 01, 2024

最新のベスト型のバイク用エアバッグ「スマートジャケット」は、多くのライダーにとって最良の選択となりえます。他にはないユニークな特徴を、ひとつずつ解説していきます。

【特集】自分にあったエアバッグモデルの選び方について

Jun 01, 2024

エアバッグ搭載のウェアでお悩みですか?どのような基準で選んだらいいのでしょうか。ここではダイネーゼが開発するワイヤレス式エアバッグシステム「D-air®」を搭載した各コレクションについて、ニーズ別の選び方をおすすめします。

【特集】バイク用ワイヤレスエアバッグ「D-air®」は、どのようにして事故を判断し、起動するのか。

Jun 01, 2024

D-air®には大きく分けて「Racing」と「Road」の2つのシステムがあります。 これはそれぞれ、何が違うのか?どのように機能しているのか?ここでは、D-air®の仕組みについてひとつずつ丁寧に解説します。

【特集】エアバッグスーツ。レーシングに特化した魅力を解説。

Jun 01, 2024

MotoGPでは2018年から、全日本ロードレースでも2020年から、エアバッグの装着が義務化され、エアバッグスーツの存在感はさらに増してきています。ここでは、従来のハードプロテクターに比べてどのくらい安全なのか、どのようなときに起動するのか、コレクション一覧の紹介などについて、全体的に解説をします。

【特集】ジャケット型エアバッグの特徴について。一体型の魅力を知る

Jun 01, 2024

ダイネーゼでは大学や病院、専門的な機関と共に、致命傷となりうるケースや部位について調査を行いました。 その結果、最も守るべき場所は胸であることが判明しています。死に至るアクシデントの理由の多くは、胸への衝撃であることを知っているライダーは決して多くはありません。第3世代のD-air® Roadは、その点を重視してリデザインされました。

【特集】バイク用エアバッグ「D-air®」 その仕組み、選び方、プロテクション性能を徹底解説

Jun 01, 2024

D-air®には、レーシング専用/ストリート専用の2つに分かれますが、特にストリート用D-air®は、胸部に対する衝撃を緩和することを重視してつくられたプロテクターです。ここでは、ダイネーゼが開発するワイヤレス式エアバッグシステム「D-air®」について、さまざまな面から解説します。