最終更新 2024.05.28

バイク用エアバッグ『スマートジャケット』シリーズモデル

バイク用エアバッグ-SJ-Serie

(記事 : ダイネーゼ福岡のブログより)

2022年12月からスマートジャケットが警視庁で採用されたこともあり、D-airという技術を認知して頂ける機会が増えてきました。

リスクの多い公道で万が一事故に合った場合でも、ライダーの身体を守るダイネーゼのエアバッグ。今では、ベスト型だけでなく、様々なラインナップがから、用途や季節によってお選び頂けるようになりました!

そこで今回はD-airのスマートジャケットのモデルについてご紹介致します。

D-air

背中から胸にかけてエアバッグが展開し、均等に5cm膨らみます。その厚みが一定である事で吸収能力も一定になり、エアバッグの保護部分であれば、高い衝撃吸収能力を発揮します。

胸元にあるマグネットボタンが電源になっており、アイドリングを感知すると、時速10km以上でエアバッグが起動できるReady状態になります。

システムには、公道での動きやリスクがインプットされており、以下のケースが作動条件です。

  • ハイサイド
  • ローサイド(回転を伴う、伴わないかかわらず全て)
  • アイドリング停車中の360°からの衝突
  • クルマやガードレールなど、障害物との正面衝突(45°~135°の範囲でもっとも有効)
24180 (3).jpg__PID:eeef2c58-9a02-49d7-be3e-161e438576e6

たった5cmの厚みで、従来の背中用のプロテクター7枚分と同じ衝撃吸収能力を有しています。
なお、ストリートユースのエアバッグモデルのため、サーキット使用の「D-air Racing」とは起爆条件が異なります。

D-Air_002.jpg__PID:c51608a0-2e08-49a1-a9af-8fbda1dfaa9b

バイク用エアバッグ製品を見る

SMART JACKET

smartjacket (2).jpg__PID:3c7b2f12-04ee-4e18-9dbe-bb2a418b3235
smartjacket (3).jpg__PID:7b2f1204-ee0e-489d-bebb-2a418b3235c2
smartjacket (4).jpg__PID:2f1204ee-0e18-4dbe-bb2a-418b3235c238
smartjacket (5).jpg__PID:1204ee0e-189d-4ebb-aa41-8b3235c238d0

バイク用エアバッグ『スマートジャケット』シリーズの代表的なモデル。ベスト型でそれ単体での使用から、ジャケットの内側、外側のどちらでも使用できる汎用性の高さが特徴です。(レディースモデ展開あり)

smartjacket (6).jpg__PID:04ee0e18-9dbe-4b2a-818b-3235c238d0b4
smartjacket (7).jpg__PID:ee0e189d-bebb-4a41-8b32-35c238d0b4ea

胸元のマグネットを着けるだけで電源オンになります。バイクとコネクターなどで繋ぐ必要もございません。腰にはベルクロのベルトが装備されており、お好みでフィット感を調節できます。

SMART JACKET LS

smartjacket (8).jpg__PID:0e189dbe-bb2a-418b-b235-c238d0b4ea2d
smartjacket (9).jpg__PID:189dbebb-2a41-4b32-b5c2-38d0b4ea2d35
smartjacket (10).jpg__PID:9dbebb2a-418b-4235-8238-d0b4ea2d35e4
smartjacket (11).jpg__PID:bebb2a41-8b32-45c2-b8d0-b4ea2d35e442

ロングスリーブタイプで肘と肩にソフトタイプのプロテクターがついています。単体での使用も可ですが、パーカーやカジュアルウェアの内側にも着用が出来るモデルです。

SMART JACKET LS SPORT

smartjacket (12).jpg__PID:bb2a418b-3235-4238-90b4-ea2d35e44236
smartjacket (13).jpg__PID:2a418b32-35c2-48d0-b4ea-2d35e442362e
smartjacket (14).jpg__PID:418b3235-c238-40b4-aa2d-35e442362ef6
smartjacket (15).jpg__PID:8b3235c2-38d0-44ea-ad35-e442362ef6e6

ロングスリーブタイプと同様、肘と肩にソフトタイプのプロテクターがついています。
こちらは、単体での使用となりますが、耐摩擦性と伸縮性に優れたメッシュ素材でで暑い季節にお勧めのモデルです。スポーツジャケットをベースにライディングの姿勢でも快適にサポートします。

STELVIO D-AIR D-DRY XT JACKET

smartjacket (16).jpg__PID:3235c238-d0b4-4a2d-b5e4-42362ef6e650
smartjacket (17).jpg__PID:35c238d0-b4ea-4d35-a442-362ef6e65036
smartjacket (18).jpg__PID:c238d0b4-ea2d-45e4-8236-2ef6e6503641
smartjacket (19).jpg__PID:38d0b4ea-2d35-4442-b62e-f6e6503641e6

ロングスリーブタイプと同様、肘と肩にソフトタイプのプロテクターが標準装備。

D-DRY XTは防水、防風と伸縮性に優れた素材で寒い季節にお勧めのモデルです。

胸と背中にベンチレーションがあるので、お好みで通気性を簡単に確保する事が可能。LEDのライトが左腕に配置になり、目視で電源の確認がしやすくなりました。

SMART JACKET LEATHER

smartjacket (20).jpg__PID:d0b4ea2d-35e4-4236-aef6-e6503641e676
smartjacket (21).jpg__PID:b4ea2d35-e442-462e-b6e6-503641e67675
smartjacket (22).jpg__PID:ea2d35e4-4236-4ef6-a650-3641e6767547
smartjacket (1).jpg__PID:2d35e442-362e-46e6-9036-41e676754750

パンチングレザーを採用したベスト型のモデル。伸縮素材のマイクロエラスティックやパンチング加工で、ジャケットの上から着用しても高い快適性を実感できます。

店頭でご試着等も可能でございますのでお気軽にご連絡、ご来店をお待ち致しております。

D-Air_002.jpg__PID:c51608a0-2e08-49a1-a9af-8fbda1dfaa9b

バイク用エアバッグ製品を見る

New_graduate_Thumb.jpg__PID:6b83c8a7-f5fa-469e-8868-f3370109c909

D-air®取り扱い店舗を調べる

※記事内の価格、情報は全て作成時点のものです。最新の情報は各ブランドページをご確認ください。

株式会社ユーロギア

記事作成 ユーロギア編集部

「モーターサイクル」「スキー」「自転車」等、アクティブスポーツを楽しむ方のためのセーフティギアを取り扱い。海外の複数スポーツブランドの総代理店として、全国に専門店を展開中。他、これらのスポーツを楽しむためのイベント開催も。

【自転車用おすすめスマホホルダー】スマホホルダーの種類や選び方をご紹介

May 30, 2024

最近では専用アプリによってサイクリングを便利で快適なものにしてくれます。 地図、距離計算、消費カロリー表示、走行後のルート表示など、アプリにはたくさんの種類があります。この記事では、自転車でそんな便利なスマホアプリを快適に利用できるスマホホルダーをご紹介します。

高所作業時の工具の落下防止策とは?作業者自身の落下防止や身を守る用品も紹介

May 30, 2024

高所での作業を必要とする現場では、工具の落下や作業員の転落などのリスクがあります。高所からの落下物による作業者や通行人の怪我を予防し、また、作業者の安全を守るためにも「労働安全衛生規則」によって、実施すべき基本事項が定められています。いくら安全管理を徹底していたとしても、事故が発生する可能性はゼロではありません。そこで本記事では、 リスクを防ぐための防止策をご紹介します。

【完全解説】バイクの雨対策!雨対策の注意点とバイク用レインウェア紹介

Jun 10, 2024

安全面を考慮すると雨の日はバイクに乗らない方が良いですが、通勤・通学・仕事でやむを得ない場合や、突然雨に遭遇というケースもあります。そんなときのために、雨対策についてしっかり考えておきましょう。今回は、雨天時の意識したいポイントや、おすすめのレインウェアもご紹介するのでぜひ参考にしてください。

【バイク用】最強レインウェアの選び方を徹底解説|おすすめレインウェア7つ紹介

Jun 18, 2024

バイクツーリングを楽しんでいる際、天候不順によって雨に遭遇するケースもあるかと思います。その際には、体が濡れて冷えないようにレインウェアを着用しましょう。しかし、着心地が良く、安全に運転するためにも機能性を考えたレインウェア選びが大切です。そこで今回は、自分にとって最強のレインウェアを探すためにも、ウェアを選ぶ際のチェックポイントをご紹介していきます。